東海道ゴミ拾い駅伝

2006年箱根駅伝と同じ区間 東京ー箱根間をゴミ拾いしながら走るボランテイア活動が、大学生の間から誕生し
遂に東海道ゴミひろい駅伝にまで発展し、実施されたとのニュースを今朝のNHK「おはよう日本」でみました。
自分でも運動不足解消のための毎日のウオーキング時にゴミ拾いをしているので若者達の発想、実行力に脱帽です。感激しました。

本運動は全国にも広がりを見せつつあり、一般社会人や地域企業・役所まで含む広がりを見せつつあるとのこと。 ゴミを捨てないマナーがより基本とは思うものの嬉しいGOOD NEWSです。

http://another-project.com/ekiden.html (NPO法人もうひとつのプロジェクト)より

quote

ゴミ拾い駅伝とは?

ゴミを拾いながら襷を繋ぐ駅伝形式の新しいスポーツカルチャーです。「汚い」「きつい」「くさい」といったゴミ拾いが持つ3Kのイメージに、スポーツが持つ「積極的」「戦略的」「爽快感」の3Sを掛け合わせて相殺することで、総合的にエンターテイメント性の高いアクティビティを目指します。誰でも参加でき、楽しみながら、気がつけば社会貢献ができている仕組みづくりに挑戦しています。2005年12月に構想。翌2006年1月に最初の駅伝が行われ、今日に至ります。

なぜゴミ拾いなのか?

発足の場は大学でした。1990年代後半に行われた神奈川大学アドベンチャークラブのウォーキング活動が、複数の大学同士で行うイベントに発展したのは2006年正月。ただ襷を繋ぐだけでなく、何か面白い要素を取り入れた方が盛り上がると考え、いくつか案が浮かびました。匍匐前進や、竹馬など。その中で、NPOとして海岸清掃を行っていたメンバーの経験から、ゴミを拾いながら競争するのはどうかと、実験的に行われたのがはじまりの第1回大会でした。
設立当初の大会理念

1.大学間の親睦を深めると共に社会貢献に寄与すること。
2.大学対抗競争を銘うっているが、あくまでゴミ拾いを通して環境問題を考える行動自体に重点を置くため、競技性を第一に置くことを避けるよう求める。
3.本大会は単なる町の美化ボランティア活動ではなく、参加した人とその姿を目にした人たち、多くの人たちの環境に対する意識を変えることである。
以上のことを本大会の基本理念とする。活動を行う必要がなくなるその日まで、私たちは走り続けます。
(※現在は大学生に限りません)
これからのゴミ拾い駅伝の展開

2006年から2010年までの5年間は、東京箱根間、つまり東京と神奈川という距離にして100km圏内で行われていました。2011年からはフィールドを東海道全500km圏内に拡大、2012年からは五街道を舞台に、全国に「ゴミ拾い駅伝」を広めていく新たな一歩を踏み出しました。日本発のスポーツカルチャーを全国へ、そして世界へと発信していくために、私たちは大会を企画し、その普及に力を注ぎます。「私のまちでゴミ拾い駅伝を!」という方はみんなのゴミ拾い駅伝から。
unquote

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック