宇都宮二荒山神社 宇都宮観光スポット(4)

JR 宇都宮駅前の大通りを進むと、右手に立派な鳥居があり、広場の真ん中の階段を上がると、宇都宮二荒山(ふたあらやま)神社がある。
二荒山神社と聞くと、日光の二荒山(二荒山)神社を思い浮かべる方が多いと思うも、私も宇都宮へ転居するまでは同じ名前の神社があることは知りませんでした。 しかもこの二つの神社は漢字で書くと同じ二荒山なのに、宇都宮は「ふたあらやま」日光は「ふたらさん」と違う呼び名なのです。 調べてみると、宇都宮二荒山神社の方が、建物としての歴史は古いようなのですが、二荒山とは、日光男体山をさし之を祭ったのが始まりとの説が有力。 男体山と横に居並ぶ女峰山の二つをさすものとの説もある。また二荒を「にこう」と読まれていたとの古文書もあり、これが日光の地名となったという。 更に二荒山神社の名前の神社は、栃木県内にもほかに16、福島県に19、茨城県、群馬県3、新潟県15など各地にもあるそうです。 荒神様と呼ばれる山や、神社は全国各地にあり、荒神とは火の神,竈(かまど)の神を表すことから、これらを祭ったものと思われます。

宇都宮二荒山には、年中老若男女の参拝が絶えませんが、春、夏、秋と季節の変わり目には、祭りの神輿が繰り出し、毎年賑やかに長い石段を駆け上がり、周りには屋台もいっぱい出て町中が盛り上がり大変です。 でも今年はコロナの影響ですべて中止され寂しいのが残念です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント