映画「天地明察」に驚きの感動

本屋大賞に選ばれた うぶかた丁 氏の「天地明察」が映画化され早速見てきました。

http://www.tenchi-meisatsu.jp/index.html

江戸時代前期の日本で、800年以上も続いてきた暦に、実際の天体の動きとのずれが出てきていたが、暦の管理は
公家の下にあり、誰もこの修正を提言できる者無く、また如何様に改めれば正しい暦となるのかも分っていなかった。
これを正さねばとの意図は徳川幕府にもあり、会津藩、水戸藩の支援の下会津藩下の囲碁士であった安井算哲が正しい暦作りの命を受け、天体観測のため日本全国を歩き、データーを集め幾多の苦難を超えて、遂に新しい暦を発布されるまでに導いた安井算哲という人物の存在を初めて知り一寸した驚きを覚えました。 

天体活動を下に長年の観測データに基づき作られた暦、その下は隣国中国からのものだったが、何百年もの間に実測値と暦に狂いが生じてきていることに多くの学者や知識人が気付いていながら、公家の権限事項故、また正しい暦を提唱できる者さえなかったため訂正できずに居た。 この一大プロジェクトへの挑戦を命じたのが、徳川幕府のあの水戸黄門で有名な「水戸光圀」であったこと、そして難解な天文学に関わる数学を助けたのが、和算術のs関孝和だったことも知り、改めて当時の人の偉大さに感銘を受けました。

"映画「天地明察」に驚きの感動" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント