テーマ:ブログ

マザーテレサの言動を読み感動

多摩教会の図書館で「私はマザーに出会った」という方々の手記を集めた本を借り読み、その献身的言動に改めて 感動しました。 晴佐久神父様が最近紹介してくださった本にマザーテレサ自身が残された手記が、マザーの死後に 初めて出版されたとのことで、その中にはマザー自身が決して日々、献身的行動を自信をもって行われていた訳ではなく、現実には大変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里山資本主義という本を読み目からうろこ

書店のベストセラーの中に「里山資本主義」と言う耳慣れないタイトルの本に興味を持ち購入。 読み始めたら、日頃から最近の我が国そして世界の変調に抱いていた問題意識と対処法が、すっきりと見えてきた 感がし、一気に読み上げました。 自分の生活周りも、改めて見直し何か出来ることは無いか考えたいと思います。 著者を通して、日本各地で活躍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

網膜剥離で全盲となった教師が大変な努力の末普通中学国語教師として復活

秩父長瀞中学に新任の新井教師が授業を開始のニュースに驚きと感動を覚えました。 まず授業を受ける生徒達が大きな驚きと感動をもって、先生を受け入れている姿がとても印象に残りました。 きっとこの体験は、生徒一人一人にかけがいのない貴重な勇気を与えてくれたことと思います。 次の記事参照下さい。 http://www.exceed-k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「武士の献立」を楽しく見てきました。

昨日封切られた映画「武士の献立」 大変興味深くみました。 1.武士の活躍した時代にも、包丁侍と呼ばれる料理人達がたくさんいたことを知り、考えてみれば当然ながら、関心し  ました。 2.料理人の家業を継ぐことと武士として生きることとの選択を迫られた主人公が、調理の天才を妻として迎えた後次第  に調理人として成長していく様、そこに出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は本当に良い国だ。 その良さに気が付いていない人がいるけれど。

海外旅行をして帰ると今まで当然のこととして、享受してきた日々の色々なことが、実は日本に特徴的な便利さであったり、良い風習、文化、光景であったりすることに気が付く人が多いのではないでしょうか。 今年の夏、久しぶりにサンフランシスコを訪問、二週間ほど滞在、観光地とともに市内各地を訪問。 20年も前の訪問時と比べ、街がどこか疲弊してきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復刻版 教科書「子供の美術」

芸術家佐藤忠良氏による小学校用の美術の教科書が復刻版として、再発行されたとのこと。 http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68321793 子供たちに美術への興味を持たせ、その芸術的センスを引き出し、伸ばしていくのに適した、素晴らしい教本と思います。 単純に美術に関する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンパンマンとイエス様

10月26日発行の多摩カトリックニュースに、10月13日にお亡くなりになった、人気アニメ「アンパンマン」の作家やなせたかし氏と晴佐久神父の、心温まるエピソードが載っていて感動しましたので、紹介いたします やなせたかし氏についての、下記の記事も 氏の大変暖かい人柄が感じられ感銘を受けました。 http://sank…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマ法王の祈り(9月16日産経新聞)

就任して6ヶ月の新ローマ 法王フランシスコが、日本美術協会代表団との会見で語られた言葉に感銘を受けました。 1)美しいものを牢屋に入れることは出来ない (文化や芸術は国境を越えて広がり、人々の心を癒やし、平 和をもたらす力となる) 2)ただ平和の拡大には時間がかかりまたなければならない。 『私は辛抱強く待っている人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバー川柳に思わず大笑いしました

敬老の日 全国有料老人ホーム協会が毎年募集しているシルバー川柳入選作品を見て思わず大笑いしました。 老いを笑いとばす粋にも感動です。 ー「先寝るぞ」「安らかにね」と返す妻 ー 耳遠く オレオレ詐欺も 困り果て ー 寝て練った 良い句だったが 朝忘れ ー 孫が聞く 膝が笑うと どんな声? いよいよ我が国の人口の4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LOVE とは?

『星の王子様』の作家として著名なAntoine de Saint Exupery(フランス)の下記の言葉には共鳴するものがあると思いますが皆さんは如何? Love is not just looking each other, it's looking in the same direction. http://ja.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平和コンサート 被爆体験朗読劇「15歳の八月」

NPO法人シードオブ-ス主催による、第8回チャリテイ平和コンサートに是非参加したいと思っています。 1.  日時 : 7月13日(土) 開場:12:30 開園:13:00   会場 : 広島平和記念資料館 東館地下1階メモリアルホール   演目 : 坪田幸雄さん被爆体験朗読劇ー15歳の八月   詳細は下記のホームページ参照 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回日本カトリック映画賞受賞作品「隣る人」に感激

川崎市アートセンター アルテリオ小劇場で昨日(6月22日)上映された。 埼玉県の児童養護施設「光の子供の家」の実生活ぶりを8年間かけて記録し続けたドキュメンタリー映画。 各児童たちは親がいなくて入居した者、親がいるのに育児に問題あって入居させられた子供とそれぞれの事情ある者ばかり。 また年齢も幼児から小中学生に至るまでの男女児童。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北三陸地方の方言J(じぇ)の響きの面白さに感心

http://blog.livedoor.jp/dorama13/?p=3 NHK朝ドラ「あまちゃん」で盛んに発せられる、"J !J !J !"の全く聞いたことの無かった驚きの表現。 ちょっと面白く、意外に感じが出るので感心しました。 ところで、どこからこんな言葉が生まれたのかと考えていて、次のようなことを私の勝手な推測で思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャリテイー・ギター・コンサート

多摩カトリック教会で4月28日 東北被災地支援のギター・コンサートが開催されます。 http://catholictama.org/?page_id=7351 被災地への支援活動を、息長く毎月続けている当教会晴佐久神父の活動ぶりには、本当に頭が下がります。 素晴らしい仲間がいて、これに協力してくださるのも神父のお人柄だと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に残った言葉

「理由なき反抗」「エデンの東」「ジャイアンツ」と半世紀以上前の映画史上に一陣の新風をもたらした後、自動車事故であまりにもあっけなく24歳で、この世を去ったジェームズ・デイーン。 その風貌は、なぜか今でもはっきり目に浮かぶ。  短いながらも、強烈な印象を残し去った名俳優デイーンの語った次の言葉に、心を打たれました。  Dream a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校庭の真ん中に桜の木

茨城県土浦市真鍋小学校には校庭の真ん中に立派な桜の木があるそうです。 そしてその周りで素晴らしい新入生歓迎行事が行われるのをTVで見て感動しました。 http://www.tsuchiura.ed.jp/~manabe/(真鍋小学校ホームページ) 1)真鍋小学校は創立明治10年の歴史ある学校で、最初に桜の植樹が行われたのも明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柔道「平岡」結婚披露宴サプライズショウに感動

4月8日の日本TV「スッキリ」でロンドン・オリンピック柔道銀メダリスト平岡選手の結婚披露宴サプライズ・ショウを見て 感動しました。 平岡選手は、真汐婦人と既に2011年に結婚し子供も誕生しているが、正式な結婚式は、ロンドン・オリンピック終了後にと延期し、オリンピックに向けて万全の思いで励んだという。 北京オリンピック出場選手選考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK朝ドラ「あまちゃん」にも東北応援歌のエールを実感

4月1日放送開始の「あまちゃん」。 軽快なテンポで面白く楽しんでいます。 実際に女学生「海女さん」が誕生したとのニュースは4-5年前に見たので、これをドラマ化したのかと思いながら、またこのドラマを通しても大地震から立ち直ろうとしている東北地方に大いに元気を与えてくれるのではと、期待しながら 見ています。 主役を始め、登場人物そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK 朝ドラ「純と愛」のフィナーレに東北応援歌を見る

「純と愛」が予想に反してハッピーエンドではなく、「愛」の予期せぬ病死で終わってしまったが、考えてみれば奇跡的な快復で終わっては、あまりにも現実離れしてしまう。 愛する人の死という極限の辛い現実を、受け止めそこから前向きに立ち直って進む。。。ここにこのドラマの東北応援歌を聞いた思いがし感動しました。 ドラマの最終日3月31日はキリス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IT農業への期待

3月3日 NHK 「さきどり」でIT農業についての放送アリ大変興味深く見てこれからの農業に期待したいと思いました。 http://www.nhk.or.jp/sakidori/backnumber/130303.html 1)これまで農業といえば、苗床作り、種まき、水遣り、施肥、害虫駆除、草取り、収穫と大変な労力がかかる上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多摩さくら百年物語フォーラムの素晴らしい活動

いなぎエコ・ミューゼに多摩さくら遊塾の方から、大丸用水見学について依頼あり、昨日お手伝い致しました。 http://www.tamasakura100.net/ お話によると、多摩桜百年物語フォーラムという活動団体が、7年前に発足し多摩川沿線に桜の植樹を百年かけて行おうとの遠大なプロジェクトを掲げ、第一回植樹を稲城市の多摩川土手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然農法の素晴らしい仕組み

NHKのドキュメンタリー番組で、自然農法によるリンゴ園や田畑の管理をされている方の紹介があり、大変興味深く見ました。 当該番組を紹介したいと思い、色々と検索してみましたが判明せず、代わりに次の文書を見つけましたので、関心のある方は一読してみて下さい。 本手法は、無農薬農法とか有機栽培とも一寸違ったもので、、農薬による薬害を体験し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰天と往生

キリスト教の信者となって、教会に通い神父様の説教を聞いてますます確信してきたことは、カトリックも仏教(特に法然・親鸞の浄土真宗)も人生について全く同じことを語っていると思えることです。 カトリックでは、人が死を迎えることを「帰天」、すなわち天に帰って永遠の命を生きることを意味し、この天国へはどんな人であれ全て受け入れられると言う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイエンスドーム八王子を訪問感動しました。

今年3月にリニューアルされた、八王子の宇宙科学館(サイエンスドーム)を訪問しました。 http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kyoiku/gakushu/sciencedome/029700.html 新しくなったプラネタリウムでの、星空観察もとてもリアルなものになり、又説明も当日の星空を映して、星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKドラマ 純と愛 に何故かひかれてしまう

新しく始まった朝ドラ「純と愛」 http://www1.nhk.or.jp/juntoai/ いかにも漫画的なストーリー展開だが、その人物設定と演じる役者それぞれのパーソナリテイーが不思議にマッチしていて、毎日欠かさず見ています。  ストーリー設定は、他人の顔を見ただけでその人の本性が見えてしまう「愛」と 社会の通念や勤務先ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぶなの木の効用

「役に立たないものほど役に立つ」 多摩教会晴佐久神父の短い詩でつづったひめくりカレンダーを、毎日読んでいるが中には、どういう意味なのか良く分からない事もあり、直接お聞きしてもよいのだが、暫く自分なりに考えてみて答えを見出せたように思える事がある。 これが楽しみになっています。 その一つが19日の 「役に立たないものほど役に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワイルドライフに見る野生動物の子育てに感動

今朝(10月16日)のNHK TV BSプレミアム「ワイルドライフ」で、最速の足を持つと言われるチーターが如何にして子育てするかを見て、大変感心また感動しました。 https://pid.nhk.or.jp/pid04/RebroadNoticeInsert/Confirm.do?pkey=001-20121016-10-24255 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を喜ばせるサプライズ

人は誰も思いもしない出来事が起こった時、非常にびっくりし、大きな驚きの声を上げる。 又は、声さえ出ないような驚きもある。 特に嬉しい出来事だった時の驚きの感動は、終生忘れえぬ出来事としてその人の支えになる事でしょう。 最近こうしたサプライズ話に出会い、他人事ながら大きな感動を覚えましたので、紹介したいと思います。 第一話 多摩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島県上勝町の葉っぱビジネスが映画化

上勝町は、全国に見られるようになった、若者が減り年寄りばかりになって、活気がなくなってきた町の一つでした。 それが、一人の思い付きから地域の特性を生かし、紅葉、新緑の緑鮮やかな葉っぱを「料理のつま」として生かすことを見事に年商2億円に達するビジネスにまで仕立てたという。   その結果老人達は生き生きと生気を取り戻し、町も活性化さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「天地明察」に驚きの感動

本屋大賞に選ばれた うぶかた丁 氏の「天地明察」が映画化され早速見てきました。 http://www.tenchi-meisatsu.jp/index.html 江戸時代前期の日本で、800年以上も続いてきた暦に、実際の天体の動きとのずれが出てきていたが、暦の管理は 公家の下にあり、誰もこの修正を提言できる者無く、また如何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more