テーマ:エコ

保護鳥ときの野生復帰のための放鳥

9月25日 佐渡とき保護センターでは、日本で朱鷺が絶滅してから27年、再び朱鷺の生活できる環境回復に努め、中国から贈られた朱鷺を飼育、繁殖してきた結果、多摩動物公園での分担飼育分12羽を含め9月現在122羽にまで増殖に成功。 一部を野生復帰させることとし、9月25日放鳥式が挙行された。 朱鷺の生活できる自然環境は、農薬がなく,餌となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グッドニュースジャパン

私の志と同じ思いで、すでに活動していらっしゃる団体がありました。 愛知万博を機に、特にエコに対する取り組みからスタートし全国に向けて、グッドニュースの配信、そしてエコ活動支援をしている団体です。 同士を見つけた思いで、意を強くしました。 微力ながら私もこのブログを続けていきたいと思います。 http://goodnews-jap…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑の地球ネットワーク 中国緑化に協力

6月13日 産経新聞  NPO法人「緑の地球ネットワーク」 16年前から中国山西省大同市周辺の黄土高原の緑化事業に取り組んできた。 当初は、日中戦争の激戦地で、日本軍のゲリラ討伐作戦の犠牲者を多く出した地域だったことから、日本鬼子とののしられ、なかなか受け入れて貰えず、又植えた苗木が野うさぎに食われ全滅するなど苦難続きだった。  が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も蛍が飛び始めました

東京都内の多摩ニュータウンの小川に、一昨年から蛍が飛ぶようになりました。 土地開発で永らく消えてしまっていた自然を、取り戻そうと地元農家の親父さん達が、クレソンを育て蛍の幼虫を放ち数年がかりで取り組んできた結果、一昨年に初めて5-6匹の蛍が生まれ、昨年はこれが約3000匹にも達しました。  それでも知る人が少なく、訪れる人もまばらでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川区 蝶の道推進協議会

蝶が街中に飛び交う公園作りをスローガンに、町中にみどりを増やそうと住民一体となって推進中とのこと。 子供達も含め、自分達の住みよい街づくりを自らの手で進める素晴らしい企画だと思う。  http://shinagawa-eco.jp/mt_bt/
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クウェイト日本人会主催海岸清掃ボランテイア「亀作戦」

都市近辺の海の汚れが各国で問題となっているが、クウェイトでも近年環境問題特に海の汚染が深刻な社会問題となってきた。 こうしたなか、クウェイト日本人会では「亀が再び産卵に戻って来られるような、綺麗な海岸にしよう」と、ボランテイア活動を初め,今年で8年目となった。 現地駐在中の日本人約60名、駐留中の自衛隊員約60名の他、現地人ボランテイア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 放置自転車再生寄贈(産経新聞平成20年2月6日)

放置自転車を発展途上国の人々に贈り続けている「再生自転車海外譲与自治体連絡会(ムコーバ)」の活動が20年目を迎えた。交通機関の発達していない地域で、自転車は妊婦の搬送や、医師や看護婦の足として大活躍。 「二輪救急車」「命の足」などと重宝されている。 これまでに届けた自転車は90カ国に焼く5万5千台。 「駅の厄介者」が途上国では命を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more