今年も蛍が飛び始めました

東京都内の多摩ニュータウンの小川に、一昨年から蛍が飛ぶようになりました。 土地開発で永らく消えてしまっていた自然を、取り戻そうと地元農家の親父さん達が、クレソンを育て蛍の幼虫を放ち数年がかりで取り組んできた結果、一昨年に初めて5-6匹の蛍が生まれ、昨年はこれが約3000匹にも達しました。  それでも知る人が少なく、訪れる人もまばらでした。

ところが今年は、一挙に訪れる人が増えた一方で蛍の数は昨年よりずっと減り、人のほうが多く感じられました。 又川中に繁茂していたクレソンが根こそぎなくなっていたのも、蛍が減ってしまった原因かと、心無い自然の破壊者に情けない思いでいっぱいです。
でも真っ暗な川辺に飛び交う蛍。初めて見た子供達の歓声。 実に豊かな初夏の光景が蘇ったひと時でした。
 
子供の頃は、蛍はどこの小川にも見られて、わざわざ遠くまで出かける必要などなかった。 今でも、その気になれば、どこの町にも蛍復活が可能なことを証明したものとして、もっと他の町にも広がっていくことを期待しています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック