今年も笠谷戸(稲城市)にホタルが舞い始めました

このところ一寸肌寒い日が続いたためか、今年は例年に比べ遅いようだが、昨日(6月3日)のホタル祭り開始には
かなりの数のホタルが舞い始め、初夏の訪れを優雅に楽しむことが出来ました。 
今日4日は、夕方コンサートも予定され、昨日に比べかなりの人出が予想される。  

東京都内にあって、毎年ホタルが楽しめるのはとても嬉しい。  これを支えて下さってるのは、地元の農家や自治体の方々。 その長年にわたる努力のおかげ。 幼虫の飼育からきれいな小川の維持、ホタルの餌になる「かわにな」の生育出来る環境づくり、それに必須の水草(クレソン)の育成保護と日頃から並々ならぬご苦労あってのこと。  維持費も相当にかかるとのこと。
 
 少年時代、田舎での夏の始まりはいつもホタル追いだったことが思いだされ、毎年この時期が待ち遠しい。 ホタルの儚い、でもしっかりと光のサインを交し合って飛ぶ姿に、子供達の感動の声が今日もひびいていました。

いつまでも続いて欲しいと思い、川辺の竹製募金箱に僅かながらお礼の寄付を収めました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック