宇都宮市内観光スポット(1) 宇都宮城址公園

市内中心部に市役所のに隣接して、お濠と一部こじんまりと復元された城郭が再興されて立っているが、歴史的には古く、平安時代後期に藤原宗円により築かれたとの説あり、そのご宇都宮氏の居城として鎌倉、戦国時代を経て約500年間にわたり当地を支配してきたと言う。しかし豊臣秀吉に滅ぼされ、その後江戸時代に入ると、徳川家康子飼いの大名本田正純が入城し改修、日光街道及び奥州街道への要として栄えることになるが、この城址改修にあたり、本田正純は謀反の疑を着せられ(宇都宮城釣り天井事件)改易されてしまった。 以後譜代大名の統治をへて幕末を迎えたが、戊辰戦争の戦場となり大半を消失、更に対会津戦争の官軍基地ともなり荒廃、明治23年には民間に払い下げとなり公園となった。 第二次世界大戦で被災、戦災復興都市計画により城跡の遺構は撤去され市街地として回収されたが、2007年に宇都宮城本丸一部が復元され宇都宮城址公園として開園された。 コンクリート造りで、本格的な城跡とは言えぬが、春には桜が咲き、園内の芝生には子供たちが走り回り、市民憩いの場として和やかな雰囲気が楽しめる。 また当公園は都市防災公園としても活用されており、毎年消防隊による消火訓練の
場ともなっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント