長崎原爆投下後75年記念日を迎えて

広島で被爆した後、間もなくして中国で満鉄関係の仕事をしていた母方の叔父が、祖母とともに引き上げてきました。 叔父は土木関係の技術者でしたが、帰国してきたとき脊椎カリエスという病気にかかっていたため、温泉療法が良いのではということから、九州大分の別府温泉に四人でしばらく逗留した後、祖母の昔の知人をたより、長崎県の雲仙のふもとの温泉地愛野村…
コメント:0

続きを読むread more